とある婚活本を見て思った事

本屋さんでその本を見つけた時に、

ざっと中を読んでみると面白おかしく書いてありそうで、

楽しそうだったので、購入しました。

 

 

面白かったら、ここで紹介しようかな~なんて思っていまして、

ウキウキで読み始めました。

 

はじめは婚活のきっかけなんかが書いてあって、

勉強になるなぁと思っていたのですが、

読み進めていくと、なんかしんどくなってきました。

 

結局、全てのお見合いがうまくいかず、今も婚活中らしいですが、

読み終わった時には、

この本の著者(女性)がお見合いがうまくいかない理由が少し分かりました。

 

 

お見合い相手をバカにしすぎです。

 

容姿に始まり、その相手男性の性格まで、

何かしらいじっています。

 

でも、もう30代だし妥協しないといけないのは分かってると...

 

 

挙句の果てには、

お見合い後交際に入っても、

○○してくれない、私はこうしてほしいのに、等々......

 

 

相手に求めるものがあっても、もちろん良いでしょう。

それは誰だって一つはあります。

でも、

じゃあ自分は相手に何をしてあげられるか?は考えないのでしょうか。

求めるだけなんて、相手男性も疲れてしまいます。

 

 

そして、妥協しないといけないだなんて、

本当に相手に対して失礼ですよね。

 

そりゃ、希望条件に合う男性となかなかお見合いが組めない時には、

選択肢の幅を広げることを提案はしますよ。

でもそれは妥協じゃないんです。

選択肢の幅を広げて、より多くの方と会う機会を増やしているのです。

多くの方と会えば会うほど、その分出会いが増え、

出会いが増えればご縁が結ばれる確率も上がりますよね?

そういう事なんです。

 

 

そこをはき違えているから、

妥協なんて言葉がでてくるし、

相手に対しても上から目線になってしまうんでしょうね。

 

 

 

とにかく、この本は読んでいて不愉快になるので、

全くおすすめできませんでした。

 

 

もしこの本の著者が私の会員だったら、

時間をかけて説明するのに。。。

そして、前向きに婚活をしてもらえるよう、お世話するのに。。。

 

 

 

あぁ、せっかくの婚活なのにもったいないなぁと思ってしまいました。

 

 

 

今度は、もっと楽しくて為になる婚活本を見つけたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、今日も素敵な一日を☆彡