様々なシーンで相手の立場に立ってみる

昨日は久しぶりに晴れて気持ち良かったのに、

また今日は雨が降ってムシムシしている京都です。

 

 

最近朝晩も涼しくなってきたし、秋を感じております。

あっという間に寒くてつらい冬に突入してしまうのですね、、、

 

 

夜7時ぐらいに息子の習い事のお迎えに行くのですが、

今の時期、その時間はもう暗くなっています。

 

なのに!

 

無灯火の自転車がなんと多いことでしょうハッハッハッ

 

 

もう本当に危ないですアセアセ

 

 

スピードを出している自転車が突然現れるのはとてもこわいですタラー

 

 

灯火さえしてくれていたら、こちらも避けるなり気を付けたりできるのに~チーン

 

 

ライトは、自分が見やすくなる為にもですが、

自分の存在を相手に知らせる為にも点けなければいけません。

 

無灯火は道交法違反です!!法律で決まっているのは、理由があるからです

 

 

そんなことで、無灯火自転車に気を付けながら帰るのですが、、、

 

 

自転車に無灯火で平気で乗る人たちは、物事の予測をしないのでしょうか。

少し考えれば、危ないことなど分かると思うのですが。

 

 

もしかしたら、自分の事しか考えられていないのかもしれませんね。

 

 

 

自分の事しか考えられない人は、バレますよ!

 

 

 

婚活でも、お見合い時やデート中でお相手は見抜きますよ!

 

 

どんなに取り繕っても、残念ながらにじみ出てくるのです

 

 

何度もここでも言っていますが、

 

 

結婚が決まる方の多くは、

相手の事を思いやる気持ちを持っています

 

 

今回の自転車無灯火について比べてみても、

 

自分がここにいるのは相手も分かるだろう。

だからライトは点けなくていいだろう。

 

と思う人と、

 

自分はここにいるけど、暗いし相手は分からないかもしれない。

それだと危ないので、ライトをつけよう。

 

と思う人、どちらを選びますか?

 

 

 

どちらの人が、一緒にいて楽しい時間を過ごせると思いますか?

 

 

 

 

もし婚活中に、自分勝手だなと思う人に出会ってしまったなら、

イライラする最悪な時間になってしまいますね。

イライラしっぱなしは、精神衛生上良くありません。

 

なので、

 

「なんでこの人は自分の事しか考えられないんだろう」

 

と、客観的に分析してみるのも一つの手です。

 

 

ある意味、相手の立場に立ってみるのです。

 

 

すると、自分の心にもゆとりが生まれるかもしれません。

そうすると、自分の心を守ることもできますね。

 

 

 

相手の立場に立つことを、ぜひ色々な場面で使ってみてください。

 

新しい発見があるかもしれませんウインク

 

 

 

それでは、今日も素敵な一日を☆彡