自分に素直でいる事とわがままの違い

このブログでも何度もお伝えしている、

相手への思いやりの大切さ。

 

 

 

しかし、

 

一歩解釈を間違えると、

 

相手に何でも合わせて、自分がない人になってしまう

自分に素直(正直)になれなくなる

 

という事になりかねず、

私の伝えたいことから外れてしまいます。

 

 

相手への思いやりの大前提は、

自分を大切にできている

自分に素直(正直)でいる

ことです。

 

 

そして、ここで疑問が出てくるのは、

自分に素直でいることとわがままの違いです。

 

 

 

私が考えるに、

この二つの違いは、

相手(誰か)が不愉快な思いを

しているか

していないか

じゃないかと思うのです。

 

どちらも、対象者がいて成立する言葉なのかなと。

 

 

 

心で感じたままに自分がやりたい方へいきたくなった時、

 

自分の意見を伝えながら、

相手の事を考えたり、意見を受け入れることができる→自分に素直

受け入れた事によっての判断には、私は単なるわがままだとは思いません

 

自分の意見を伝えることだけに集中し、

相手の意見に反論ばかりする→わがまま

そしてなぜか、わがままさんに限って反論の内容に説得力がないのです....

 

 

 

結局、

自分に素直に生きるという言葉も、

相手(人)への思いやりがあってこそ成立するのではないかと思います。

 

 

 

 

デート中でも、

自分の気持ちを無視して、相手に全て合わせるのではなく、

自分の思いも伝えつつ、相手にも合わせてみてくださいね。

 

結局相手に合わせることは同じでも、

自分の思いをずーっと伝えずにいるのと、

自分の思いをきちんと伝えているのとでは、

心の負担度がかなり違います。

もやもやする気持ちを持ち続けなくて済みます

 

 

 

自分に素直に、

気持ちよく生活してください。

 

そうすると、自分にもゆとりが生まれるはずです。

 

ゆとりのある人は、魅力的です。

 

魅力的な人に、人は集まってきます。

 

 

 

そんな、良いループにはまっていきましょうラブラブ

 

 

 

 

 

それではみなさま素敵な一日を☆彡